my little apartement

自称パリ在住の黒猫が綴る パリ的くらしいろいろ

地震を経験して

bonjour!

わたしニケ。

くろねこよ。

 

大きな地震がきたの。

わたしはびっくりしてすぐにベッドの下に避難したわ。

 

ママンはお仕事行くのに家を出て駅に向かう途中だったの。

ごーっっていうすごい音と地面が揺れたんだって。

歩道にある柵を思わず握ったそう。

直後にスマホ地震速報が鳴って

揺れが収まってすぐ家に引き返したの。

 

家の中はというと

玄関はにいにがすぐに開けておいてくれてたの。

逃げ道の確保ね。

壁にかけていた額や時計が吹っ飛んでたけど

額がひとつ壊れてただけでほか壊れたものはなくって

わたしはベッドの下で

ちいにいには寝てたから飛び起きたらしいけど

けがはなく

おっきいにいには

火の始末と逃げ道の確保をちゃんとしてくれて

ママンはすぐに家に戻ってこれたから

テレビでニュースを確認しながら

水をためたり、余震に備えて

棚の割れ物を下に下ろしたりしてたの。

 

家族がそろっていたから

それだけで安心だったわ。

大きな余震が来た時には

おっきいにいにが咄嗟にママンの頭にクッションをかぶせてくれたり

わたしのお出かけ用キャリーバッグを用意してくれたり

優しくて頼りになるおっきいにいにを見直したわ。

でもいざとなったら

ベッドの下から出てこないわたしを置いて避難しなきゃいけないのに

それだけはできないって

おっきいにいには言うの。

阪神淡路大震災の時には

ペットをさがして逃げ遅れた人もいたのに。

わたしたちねこは野生の勘があるから大丈夫なのよ。

迷子札だけつけてくれてたら安心よ。

 

大事なことはいのちを守ることなの。

ママンもにいにたちも元気でいてくれるだけでいいのよ。

そしたら何かあって離れ離れになってもまた戻れるわ。

こうも言えるわ。

わたしがいるんだからちゃんと元気でいてくれなきゃ。

 

 

https://www.instagram.com/p/BkKLDA1gVrv/

 

 

 

次回は地震対策について気がついたこと

書くわ。

防災はなるべく沢山シェアすべきことだからね。

 

 

 

 

 

 

いつも応援ありがとう 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

 Instagram